薬剤師の派遣とは?


薬剤師

薬剤師になると決めた時、一般的な薬剤師の将来イメージを持っていることでしょう。薬局や病院に勤務して、経験を積んで独立するといったイメージが最も多いでしょう。 または、研究者としてやっていくという将来像を持った人もいるでしょう。いずれのイメージを持って薬剤師を志したとしても、実際に薬学部へ入学し、先輩や就職課などから情報を収集するにつれ、 薬剤師と言っても色々な働き方があることを知ります。薬学の知識を活かして、麻薬取締官などの公務員という道もあります。保健所などへの就職も一般的です。 また、本来は文系の営業マンが携わることが多かったMRという営業職に就く人もいます。

雇用形態も様々です。正社員や正職員だけでなく、一般企業と同様に派遣社員や契約社員、アルバイトやパートなどといった形で働く人もいます。 そのような中でも、特に最近では「派遣社員」という形式での求人が多くなっています。
派遣社員というと、正社員になれない人が、交通費なしで薄給で、かつ賞与もなしで働くというイメージです。会社の都合によって契約を打ち切られる、いわゆる派遣切りも社会問題化しました。 こうした派遣社員に対する差別的な扱いは、残念ながらまだ完全に消えたわけではありません。しかし、薬剤師の世界における派遣社員は、かなり様子が違います。

薬学部での修業年限が6年に伸びたこともあり、不景気が長く続いた日本では、経済的理由から薬学部への進学希望者が激減しました。一方で、薬学部の定員は増えていき、 かつての難関学部というイメージがなくなりました。そのため、経済的に余裕のある人は、容易に薬学部に入学することができるようになりました。それが現在の、薬剤師余り、という問題になっています。

しかし実際の現場では、薬剤師ままだまだ不足しています。ドラッグストアなどでも、薬剤師不在を理由に、特定商品の前にロープを張っていることがあります。営業をしたいのに、 薬剤師がいないために営業できないのです。それだけ現場では薬剤師不足なのです。そこで、業界では派遣という形で、資格保有者を広く募集するようになりました。正社員ほどの拘束がない身分でありながら、 正社員と同等レベルの給与を保証しています。短期的に働きたいという薬剤師にも対応しているところが魅力です。

時給は、高いところでは3500円からのスタートとなっています。フルタイムで働けば、年収は700万円程度からというところもたくさんあります。薬剤師不足だからこそ、これだけの厚遇にしているのです。 看護師や保育士と同様、資格は保有しているけれども仕事はしていない、といった人が多い職種です。まずは条件の良いところを探して、短期的な雇用で申し込んでみるのも良いのではないでしょうか。 短期的であるという前提ならば、それほど気負わずにも働けるはずです。